Forester 2.0D X Swissを購入し納得するまでの長い道のり(2)

後席を外して掃除コンプリートの図。はじめはここに犬の毛がびっしりたまっていた!

室内が埃っぽいという原因のひとつが犬車であることをつきとめた。ディーラーには「これは確かに禁煙車だが犬車ではないか。事前に説明すべきであるし、分かっていたら絶対に買わなかった。返金または車を交換してもらえるか?」と交渉した。

すると、とにかく持ってくるように。問題は解決するからとのこと。ほんまかと思いながらディーラーに赴き説明したところ、オゾン脱臭を試すとのこと。この時はほとんど返金に自分の気持ちが傾いていたのだが、この度だけは信用してみようと思った。相手はスバルディーラー歴うん十年のベテランであるし、こちらの顧客はとにかく自分の要望をかなえようと必死になるので有名だから、今回だけは自分も必死になってみようと思った。

ディーラーに赴くまでに室内を徹底的に清掃した。先輩たちの情報を色々と参考にさせていただいた。たとえばこちらはラゲッジルーム分解の方法を勉強させていただいたし、定番のみんカラのこのページは(左右逆ではあるが)センターコンソールを取り外し清掃するためにたいへん参考になった。

あとはオゾン脱臭の効果であるが、12月半ばに施工してもらったのだがそれなりに匂いは消えている。しかし、やはり埃っぽいのは取れないのである(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。